セドリック・ブライダルのある生活

    オーテックジャパンが製作した、限定車「日産セドリック・ブライダル(QJY31改)」を、日常生活で自家用に使うオーナーのページです。ブログと云うより、ホームページです。

    PREV | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ(QJY31改型 - 1999年)

    日産・セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ
    (NISSAN CEDRIC BRIDAL-SEDAN B-type - QJY31改型 - 1999年)
    日産・セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ(QJY31改型 - 1999年)_前

    【セドリック・ブライダルセダンとは?】
    1999年、日産自動車の特装車部門から独立した会社「オーテックジャパン(Autech Japan」が、限定製作した後席左側の屋根が開く、花嫁送迎用の特別装備自動車です。


    【ブライダルセダン誕生の背景】
    滋賀県、石川県の地域には、結婚式の際に、花嫁さんが、和装でご先祖様の仏壇をお参りする「仏参り」と云う習慣がある。
    この行事で、花嫁さんの送迎をする際、「角隠し」を被っているため、普通自動車への乗り降りが難しいので、当初は、地域のタクシー会社が、営業用のセドリック、グロリア、クラウンなどの屋根を改造して、屋根が開閉できるようにしていた。
    しかし、個別の車体の改造費は、当時で150万前後掛かったと云われ、車検取得の為の改造申請の強度計算なども必要とした。

    そこで、その需要をカバーすべく、日産系のオーテックジャパン社や、トヨタ系のトヨタ・テクノクラフト社が、特装車として、限定生産して提供することになった。

    【オーテックジャパン・セドリック・ブライダルセダン誕生】
    オーテックジャパンは、Y31型セドリック営業車をベースに、ルーフドアを装備した車両を「ブライダル・セダン」として限定生産し、発売した。

    Y31型ベースのブライダル・セダンは、1999年と2002年に、約300台づつ製作された。

    【車体形状】

    車体形状は2種類あり、Aタイプが、標準ルーフ型のルーフドア付き。Bタイプが、ハイルーフ型のルーフドア付きであった。

    【グレード】
    グレードは、最下級グレードの「オリジナル(Original」ベースや、「カスタム(Custom)」ベースなど、複数存在し、特別装備で、セパレートシート、ベンチシート、フロアAT、コラムMTなど、様々な仕様が存在する。
    また、ベースのオリジナルや、カスタムには存在しない、リモコン・フェンダーミラーが装備されている個体もあった。

    このWebサイトで、紹介するブライダルセダンは、1999年型のQJY31改で、グレードは、カスタムです。

    参考サイト:株式会社オーテックジャパン ブライダルセダンページ(別ページが開きます)
    注)オーテック・ジャパンの公式サイトからは消えてしまいましたが、ブライダルセダンは1999年と2002年の2回製造されています。ここで紹介する個体は、1999年製です。
    日産・セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ(QJY31改型 - 1999年)_後

    | セドリック・ブライダルとは? | 13:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    初めて読みます

    現在LPGに興味を持っています。
    購入も視野に入れてはいますが、私はMTも希望するのでなかなか見つかりません。セドリックも新車でのMTをやめてしまった。
    コンフォートという手もありますが、フロアの5速。
    いや、気に入らないわけではないけども、コラムの方が味があるかなと。それとコンフォートに比べセド・グロの方が静かじゃありませんか?ちょっとキュイーンという音・・・好みかもしれませんが。
    現在は日産のサニーで日産のエンジン音になれているのか、どうもトヨタは地味という印象を持ってしまいます。
    地味というのでなく、質は日産の方があるのかな?やはり走りの日産。そういうのもあるのでしょうか?

    | yuuji | 2012/04/19 20:09 | URL |

    yuujiさま
    初めまして、当サイトをご覧いただき、またコメントいただきましてありがとうございます。
    当サイト制作者のqjy31kaiと申します。よろしくお願い申し上げます。

    LPG車、経費安くていいですよ~。
    ベンコラMTセドリックですが、メーカーも製造を止めたとおり、現存数は減少する一方のようですね。
    特に渋滞の多い都心部では中々見かけなくなりました。
    大阪近辺では、阪急グループの一部の営業所でベンコラMTセドリックを使っていましたが、そこも数年前から遂にATを大量導入したようです。
    ですから、都心ではなく地方の方が多いので探されるヒントにされてみてはと思います。

    エンジン音、わたしの記憶する限り、230セドリックぐらいの時代から既にクラウンとは音の違いが顕著にあったように思います。

    わたしもセドリックの独特のエンジン音にも惹かれてこちらを選んだ一人です。
    日産NA20P型がOHCなのに対し、クラウン系はOHVの3Y型などを使っていたのではなかったかと思います。
    音の違いはその辺もあったのかもしれません。
    でも、DOHCやOHC直4でもブルーバードなどもトヨタの同型式とは違う音がしていましたね。
    やっぱり日産サウンドなのかもしれませんね。

    いい個体にめぐり会って、是非LPG車ライフを楽しんでくださいませ。

    | qjy31kai | 2012/04/19 23:32 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://qjy31kai.blog33.fc2.com/tb.php/1-cdbca299

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT |