セドリック・ブライダルのある生活

    オーテックジャパンが製作した、限定車「日産セドリック・ブライダル(QJY31改)」を、日常生活で自家用に使うオーナーのページです。ブログと云うより、ホームページです。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ブライダルセダンのある生活~目立ち度~

    日産・セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ
    ブライダルセダンのある生活】
    ~目立ち度~


    セドリックブライダル・セダンのBタイプは、標準より10cm高い屋根を持っています。
    しかも、新車の生産台数がAタイプを含めて600台程度ですから、Bタイプの数は、ランボルギーニ・ムルシェラゴLP670-4スーパーヴェローチェ(生産台数350台)と、ほぼ変わりありません。

    さらに、最後の生産を終えて10年以上経過していますから、営業運転を終えて廃車になった数も相当数です。
    クラッシュで減ったLP670-4と同数ぐらいになっていると思います。タブン


    と、云うわけで、現存数はフェラーリ・250LM並と思われる(当Webサイト妄想)ブライダルセダンの目立ち度を検証しました。

    セドリック・ブライダルのある生活(運転席)【友人】(クルマに興味ない人)
    反応:「へぇ~」・・・・・まぁ、当然かもしれません。
    これ以外に、言葉でませんわな。

    一応、普通のクルマより屋根が高いのだけは気が付いてくれます。
    そして、中に乗ると、屋根が高いので以外と開放感があることに感心してくださいます。
    それに、「タクシーと一緒や!」と、喜んでくれるのは以外と若い女性だったりします。
    (以下、こんな感じでつづきます)


    セドリック・ブライダルのある生活(旧車たちと)【友人】(クルマに興味ある人)
    反応:失笑・・・orz

    モータースポーツ系の人:「あほや」・・・ドン引き。云われて一番気に入った言葉が「ひさびさにアホ見たわ」。

    カスタム系の人:「ん~、なんとも」・・・一応クルマ好きとは認めてくれる。しかし、異国の人として。

    オールドカー系の人:「おもろい!オッケー!」・・・さすが、普段家族や周囲の顔色伺って乗っている人が多いだけに、理解のある暖かい反応。アリガタイ


    日産・セドリックブライダル・LPG車【こどもたち】
    反応:「わぁ~!タクシーやぁ!」・・・ヽ(゚∀゚)ノヤター!
    男女関係無く喜んでくれます。室内のタクシーメーターを動かした日には、完全に舞い上がってくれます。ウレシイ。

    さらにドアを開けると、「デロリアンみたいやぁ~」・・・バック・トゥ・ザ・フューチャーで知ってるんですね。ウレシイ。

    発進時に思わず、「はい、2名様実車~」と、つぶやいてしまいます。


    セドリック・ブライダルのある生活(タクシーコスプレ)【普通の人々】
    反応:「ええクルマやん」・・・多分、普通のクルマって意味で。
    ドアが4枚あって、サイズもそこそこ大きくて、正統派セダンのセドリックに対しての反応だと思います。

    屋根のことは、こちらが云って初めて「あぁ」と、気が付いてくれます。
    あと、年配の方は「セドリック=高級車」、「黒塗りセダン=高いクルマ」と思っているようで、高級車と思ってくれているようです。


    セドリック・ブライダルのある生活(駅前通り)【街中で】
    反応:「なんじゃこりゃ」・・・(・・。)ゞ
    信号待ちや並走時には、じろじろ見られます。
    これは、特装車の宿命・・・か!?(←へもか記事)

    とりあえずヘンテコな屋根に、疑問を感じられるようです。まぁ、何かわかりませんもんね。

    色々勘違いもされるので、それは最後にまとめます。


    セドリック・ブライダルのある生活(コンフォート・ミニカー)【本職(タクシー)の方々】
    反応:「はぁ~、これ花嫁さんのやつか?」・・・( ̄▽ ̄) ニヤ
    さすが本職!知っている人が以外といらっしゃいます。特にベテランの方々。
    オートガススタンドで給油していたり、洗車していると、よく話しかけてくださいます。
    話しかけずとも、ジロジロ興味深げに見られます。
    こうして、その場限りの世間話のネタになるので、結構おもしろいです。マイドオオキニ


    セドリック・ブライダルのある生活(10万円超えました)【ゲスト】
    反応:(降りるとき)「チケットで頼むわ!」・・・(σ^∇^)σ
    大抵ウケねらいで、自動ドアを開けて乗って頂くので、ノリのいいゲストは、「タクシーごっこ」をしてくれます。
    こどもの時と同様、出発時は洒落で着けた料金メーターを動かして、「はい、2名様実車~。」で発進します。
    降りるときは当然、支払いボタンをピッと押して「ご乗車ありがとうございました。ドアの開閉は乗務員にお任せください。」。
    車内で写メ撮る人もおられます。たのしいです。


    日産・セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ【家族】
    反応: (⌒-⌒)・・・一応、生暖かく見守ってくれているようです。
    以前、乗っていたのが30年前の小さい、2ドア、車高調、後ろの窓はハメゴロシ、エアコン殆ど効かないクルマだったので、それよりは格段にいいみたいです。
    娘の塾にスーツ姿で迎えに行ったときの、クラスメイトや先生の「こいつどこのお嬢さんやねん!」的な反応が面白かったです。ただ、この場合、運転手なわけで、保護者には見られないんですけどね。
    息子が小さいときには、奥のチャイルドシートに載せるときに、ブライダルルーフのドアがとても役に立ちました。あと、老婆(親)を乗せる時も、中で立てるので乗り降りが楽だったようです。

    それから、下の子が出来るまでは、前席に3人家族で乗っていたのですが、娘は喜び、妻は「前3人で後ろ誰も乗って無いておかしいやん!」と恥ずかしがっておりました。
    わたしは、これが一番よかったんですけどね。



    さて、お待たせしました。勘違い偏です。

    セドリック・ブライダルのある生活(MS50特装車)【その1:○柩車】
    不本意ながら、これに一番間違われます。特に前から見ると。
    まぁ、冠婚葬祭と云う繋がりはあるんですけどね。

    で、ある日の国道の信号待ちで、本業のそのクルマと並んで停まりました。
    やっぱり似てるなぁ・・・orz

    ある意味、おなじものを感じた次第です。ハイ。


    セドリック・ブライダルのある生活(パトカーコスプレ)【その2:覆面パ○カー】
    人に言われるNo.1が上記なら、これは幹線道路で勘違いされるNo.1です。

    高速道路では、必ず一度は間違われます。
    普通に左斜線を、こちら、まぁ85馬力のセダンですから、90km/hぐらいで流しているわけです。

    すると、追い越し車線の斜め後に行列が。

    しばらくすると、そぉ~と並び、こちらを伺っています。
    「あれ?なんやチャイルドシート乗ってるやん!」ってことで、そこから加速して行かれます。

    屋根が高いので、あそこからなんか赤い光りものが出てくるように思うんでしょうね。

    見たこと無いものに対する先入観と言うか、反応は面白いです。
    ってことで、最近は、後の窓にレースのカーテン着けました(゚∇゚ ;)



    おしまい。

    | ブライダルセダンのある生活 目立ち度 | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://qjy31kai.blog33.fc2.com/tb.php/13-efa94874

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT