セドリック・ブライダルのある生活

    オーテックジャパンが製作した、限定車「日産セドリック・ブライダル(QJY31改)」を、日常生活で自家用に使うオーナーのページです。ブログと云うより、ホームページです。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ブライダルセダンのある生活 錆び対策

    ブライダルセダンのある生活 【錆び対策】①

    QJY31改2015_AZ-1たちと。
    2015年6月の近況:
    QJY31型セドリック・ブライダルセダンも、オーテック・ジャパンの工場ラインオフから16年目に突入しました。
    そして、緑ナンバーのハイヤーとして、近江のお嫁さん方を運ぶ仕事から退役して、オーバーホール後早くも8年目。

    いよいよ、鉄で出来た自動車に必ず訪れるものがやってきました。

    「サビ」

    筆者の先代の愛車、1983年型ホンダ・シティ・ターボ2が、あんまり錆びるわ、あちこちの純正部品が欠品だわで、遂に手放して、代わりにこのブライダルセダンを手に入れたのですが、最初は、亜鉛めっき鋼板の恩恵で、まぁ、錆びないわ、営業車の恩恵で、まぁ故障しないわ減らんわ、LPガス車ゆえに、まぁ、燃料代安いわ、と、いいこと尽くめの日々を送ってきたわけですが、それでも日頃は青天駐車の雨ざらし。
    さすがに、90年代の亜鉛めっき鋼板車でも遂にそのときが来たのでした。

    と、云うおはなしです。



    QJY31_錆び左リアフェンダー(施工前)
    まずは、お客さんを乗せる側のドア(左)。
    いろいろ傷とか付き易いんでしょうね。
    まぁ、ろくに洗車もしないし、ワックスなんてまず掛けないし、たまに洗うとしたらLPスタンドで夜中に水洗いだけと云うありさまですから、よくこれだけ錆びずに来れたものです。

    しかも、塗装が膨らみ始めたすぐに手を入れれば軽症で済んだものを、おしりに火がつくまでほっといたものだから、だいぶ進んでいました。

    写真は、既に塗装を適当にめくった後ですが、シティ以来の懐かしい茶色の劣化した鉄が見えてまいりましたorz

    QJY31_錆び左リアフェンダー(施工後)
    ブログをやってるくせに、超適当な修理しかしないので、やったことはこれだけです。
    1.錆をワイヤーブラシで取る。
    2.家屋用の灰色のさび止め(アサヒペンとかのどこでも入手できるやつ)を筆塗り。
    3.汎用のホームセンターで198円(税別)で売ってる「黒」の缶スプレーの中身をフタの中に吹いて、それを筆塗り。
    4.おわりorz
    (どうかご参考にはしないでくださいませ。)

    QJY31_錆び左リアフェンダー(施工前)
    さて次。
    同じく、左側のリヤフェンダーのバンパーとの接点のところ。
    これは、ブライダルセダンのカタを持つと、この個体は、一度後ろからぶつけられて、リヤバンパーがへの字に曲がったことがあります。そのときに無傷に見えたこの部分の塗装が実はめくれていた可能性があります。恐らくそうでしょう。
    しかし、ホイールアーチのところなので、水が中にたまり易いのか、見た目よりも錆びは深く、ほぼ穴が開きそうなぐらいでした。

    QJY31_錆び左リアフェンダー(施工後)
    補修は同じくorz

    但し、ここだけは思いつきで、10年以上前の「ホルツ・錆びチェンジャー」と云うケミカルを塗ってから塗装しました。
    10年前・・・どうなるかは知りませんorz

    QJY31_錆び右リアドア開口部上部(施工前)
    そして一番ひどかったのが、左側の天井とドア開口部のところです。
    さすがに普通のセドリックの屋根を付け替えてあるので、ここは来ると思っていましたが、意外なことにガルウイングドアとは逆の方に先に来ました。
    雨漏りはまだありませんでしたので、油断してたら既に穴あき状態です。
    これはさすがにちょっとビビりました。シティ・ターボの悪夢再び・・・・・か!?

    QJY31_錆び右リアドア開口部上部(施工後)
    で、やっぱりおんなじ治しかたしかしませんでした。
    しかし、ウェザーストリップの下の錆び処理を舐めてたようで、塗装でデコボコした分、ストリップが浮いて雨が少し漏れるようになってしまいました。ここは近々やりなおしです(梅雨時だから難しいですが)。

    と、参考にはなりませんが、近況報告でした。

    | ブライダルセダンのある生活 錆び対策① | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    はじめまして。

    はじめまして。

    楽しく拝見させていただいております。

    私も似たような趣味(?)でして、一時期真剣に購入を考えまして
    オーテックにカタログ請求しました(笑)

    結局はH252型のプレジデントを買ってしまいましたが・・・
    (もちろん中古です)

    ブライダルのカタログはお持ちですか?

    もし、お持ちでないなら差し上げましょうか? プライス表もついてます。
    (とは言っても、どちらも紙1枚だけのペラペラなものですが)

    汚れと多少の曲がりはありますが・・・

    | H252 | 2015/07/07 20:19 | URL |

    Re: はじめまして。

    H252様

    こんにちは。はじめまして、
    当サイトを運営しております、qjy31kaiです。
    当Webサイトをご覧頂き、コメントも頂きましてありがとうございます。
    お返事が大変遅くなり、申し訳ございませんでした。

    H252型プレジデントをお持ちですか。
    プレジデントらしい最後の方のいちばんかっこいいタイプですね。
    大型車+V8エンジンの正統派リムジンの運転感覚はどのようなものでしょう?
    後ろの電動三角窓も興味をそそります。

    セドリック・ブライダルを個人的に購入を検討された方は、自分以外では初めてです。
    オーテックにカタログ請求されたと云うことで、新車購入をお考えだったのでしょうか。

    こちら、使い勝手、リムジンの運転感覚共に、満足の日々でもうすぐ10万キロを迎えます。

    ブライダルカタログのお申し出、ありがとうございます。
    、一時期までオーテックのサイトでPDF化したものがダウンロードできたので、それを印刷したものを持っては居ますが、本物はまだ手に入れておりません。
    今はダウンロードも無くなりましたから、貴重な逸品になってしまいました。
    わざわざお送りいただくのも恐縮ですので、もしも近畿圏にお住まいの方でしたら11月の中兵庫クラシックカーフェスティバルにはほぼ毎回居りますし、よろしければいらしてくださいませ。
    このイベントは、丹波篠山方面の春日と云う町に毎年150台余りが集まるこちらでは大きな旧車イベントです。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    セドリック・ブライダルのある生活 制作管理者 qjy31kai

    | qjy31kai | 2015/08/10 19:28 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://qjy31kai.blog33.fc2.com/tb.php/19-f8da5d45

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT