セドリック・ブライダルのある生活

    オーテックジャパンが製作した、限定車「日産セドリック・ブライダル(QJY31改)」を、日常生活で自家用に使うオーナーのページです。ブログと云うより、ホームページです。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    LPG車の車検 ~ほとんどガソリン車と同じ~

    LPG車なのだ!】
    LPG車の車検~ほとんどガソリン車と同じ~

    日産・セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ
    LPG車を自家用で乗っていて、質問されるベスト3の一つが車検です。
    特に営業車上がりの中古車と聞くと、「車検は1年じゃないの?」と、よく質問されます。
    また、「LP車って、普通に車検受けられるの?」も多いです。

    ここでは、そんな疑問にお答えします。
    ちなみにタイトルで、ほぼ種明かししております。


    LPG車の車検概要】
    車両の登録や継続検査は、自家用ガソリン車と同じ車検を受けられます。

    わたしのセドリックブライダルの場合は、元タクシーの中古車で、一旦「一時抹消」手続きをしてありましたので、買ったお店、「アケボノ・コーポレーション」さんで、「予備車検」を済ませた状態で納車していただきました。
    この書類一式を持って、「運輸支局」に車両を持ち込み、ガソリンの自家用車と同じ手続きをして、ナンバープレートを交付してもらい、後ろのナンバープレートに封印をしてもらって完了しました。

    もちろん、タクシーとして運用している時代は毎年車検だったようですが、わたしが自家用で買ったことで、車両の使用目的が、事業用から自家用に変わりましたので、わたしが登録手続きをした時点で、通常の自家用車になり、2年毎の車検になりました。

    車検証で云う「自家用・事業用の別」と云う項によって、1年車検か、2年車検かが分かれるようです。
    自家用に登録時にここが変更になりますので、2年になるというわけです。
    変更に関して、記載事項の変更以外に、特別お金が掛かったりといったことはありませんでした。
    日産・セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ

    【車検書類】
    一つを除いて、ガソリン車と同じ書類で車検を受けられます。もちろん、ユーザー車検も可能です。

    一つと云うのは、LPGタンクの点検記録が必要になります。違いはこの一枚のみです。
    これは、普通車の24ヶ月点検記録簿に似た書類で、薄い一枚の紙です。
    LPGタンクに関してのチェック項目にチェックを入れるようになっています。
    これは、車検を受ける際に、運輸支局の窓口で、「LPG車ですのでタンクの点検用紙ください。」と云うと、頂けました。
    車検ラインを通すまでにこの書類で点検をして記入しておけば大丈夫でした。特に工具や器具が要るような点検項目はありませんでしたので、ユーザー車検でも大丈夫でした。
    日産・セドリックブライダル・LPG車のエンジン(NA20P型)
    【車検手続き】
    上記のLPG車用の用紙を一枚追加するだけで、運輸支局のガソリン車と同じ窓口で受け付けてもらえます。

    但し、書類を提出する窓口で、「LPG車です。」と一言伝えておいた方が良いです。
    わたしがセドリックブライダルをユーザー車検で通した、大阪運輸支局や兵庫陸運部の場合ですが、LPG車の場合には、数本ある検査ラインのうちの一つを指定される為です。

    これは、検査員が専用の器具(ガス漏れチェックの機械)を持って、タンク周りのガス漏れチェックを行いますので、現場来てくれる検査員に判りやすくするためにラインを決めているようです。
    ちなみに、通常の検査ラインで、素人がユーザー車検を通す際に使うラインを案内されました。
    LPガス燃料タンク(容量96L)
    【検査ラインでのチェック】
    ガソリン車と違うのは、上記の「ガス漏れチェック」をラインに入る前に行うことのみです。
    ラインに並んでいる間に、検査員が来てやってくださいます。

    チェックの仕方は、LPGタンクが搭載されている後ろのトランクを開け、検査員がハンディタイプのガス漏れチェッカーを持ってきて、タンク周りに当てて、ガス漏れが無いかをチェックし、LPG点検用紙を確認して、OKなら捺印してくださいます。

    LPG車の車検は、以上を気をつけるぐらいです。
    わたしは、これで大阪と兵庫でそれぞれ車検合格しました。
    セドリックはFRなので、ドライブシャフトの破れでひっかかることも少ないので、事前のサイドスリップと光軸調整だけで済んでいます。



    【検査費用】
    (2012.10.10 追記)
    2012年10月に継続検査を行いましたので、ご参考までに概算費用を書いておきます。

    尚、ユーザー車検による継続検査に必要な書類は以下の通りです。
    変更になる場合もございますので、詳しくは、当該の陸運局Webサイトをご覧ください。

    ・自動車検査証:
    ・自動車検査票:窓口で買う申請書セットに含まれます。右欄に手数料(\1,700-)の検査登録印 紙貼付
    ・点検整備記録簿:窓口で買う申請書セットに含まれます。自分で点検して記入します。
    ・自動車損害賠償責任保険(共済)証明書:兵庫陸運部では、書類を買う窓口で入れました。24,800円(25ヶ月分)
    ・申請書(3号様式):検査場窓口で購入。20円~30円ぐらいでした。
    ・検査にかかる手数料:1,700円でした。
    ・自動車重量税納付書(重量税印紙貼付して納付):30,000円でした。印紙を購入する時に書類に貼ってくれます。
    ・納税証明書:毎年5月頃に納付する自動車税の領収書です。検査場窓口で再発行も出来るそうです。

    ※年の為に認印を持っている方が良いですが、今回特に捺印はありませんでした。

    [費用合計]
    申請書セット:20円
    検査手数料: 1,700円
    自動車重量税:30,000円
    自賠責保険料:24,800円
    ----------------------
    合計:56,520円也


    任意:事前検査で最低限この2項はやっておきましょう。
    ・ヘッドライト光軸検査
    ・サイドスリップ検査
    で、1,600円でした。
    ※神戸陸運部の裏手にあり、多分、朝8時30分頃からやっているみたいです。
    詳しくは下記にお問い合わせください。
    神戸カーテスターさん
    神戸カーテスター
    (クリックすると別画面で開きます。)
    【検査に持っていくもの】
    上記の書類一式の他に、あると慌てないものを書いておきます。
    ・認印
    ・ヘッドライト、フォグライト、リヤコンビネーション球、方向指示器球、ハイマウントランプ球の予備。
    ※検査の時に切れて慌てたなんて話をよく聞きます。これらがあると安心です。
    ※その他、油脂類などは、車検場に行く前に点検を済ませておきましょう。

    【注意事項】
    「ユーザー車検」は、ユーザー自身が整備点検の完了に於いて責任を持った上で行うものですので、ご自身で検査を受ける前に、一通りの点検を行うことが大前提です。

    わたしは、事前にガレージでジャッキアップして法定点検項目を丁寧に行っています。
    特に、ブレーキパット、ブレーキライン、ブレーキマスターシリンダー、ブレーキオイル、タイロットのガタ、ホイールハブのガタ、サイドブレーキの引きしろ、タイヤの溝、異物、傷、灯火類、シートベルトと警告灯。あとは、オイル類、ウォッシャー液、バッテリーの状態などは、念入りに行っています。
    自分で整備することに責任が持てない人は、プロに任せることをお薦めします。

    車両の安全を保守することは、人の命に関わることですので、安易に値段だけで、ユーザー車検を選ぶことは、絶対にお薦めしません。


    それでは、快適な自動車生活をお送りくださいませ。

    | LPG自動車なのだ! LPG車の車検 | 12:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    | | 2012/10/14 22:20 | |

    はじめまして

    いつもブログを拝見しております。

    自分も先日初めて中古でセドリックLPGを購入しました。

    非常に良い買い物が出来、かつセドリックを運転するのが毎日楽しみなぐらい気に入りました。

    初めてのLPG車購入にあたって、家族共々当ブログを見て、かなり参考にさせて頂きました。

    来年車検を迎えますが、車検の情報が更新され助かります。

    これからも、LPG車情報やセドリックプライダルに関する色々な記事や写真を楽しみにしております。

    | くう | 2012/10/14 22:23 | URL |

    LPG車の世界へようこそ!

    くう様

    はじめまして。セドリック・ブライダルのある生活Webサイト 制作者のqjy31kaiです。
    当Webサイトをご覧頂き、コメントも頂きましてありがとうございます。

    セドリックLPGを購入されましたか。
    当Webサイトが参考になっているのでしたら幸いです。

    こちら、今月車検を受けたので、タイミングよかったですね。
    今回は、購入以来3回目の車検でしたので、さすがにブレーキパットその他の消耗部品交換が出ると思っていたのですが、どれもまだ許容範囲内でしたので、何も換えずに通せました。
    (ただ、自分でメンテナンスをしない場合は、2年周期を考えて車検時の部品交換が必要です。)

    わたしの周りには、40年以上経過した素敵なクラシックカーのオーナーが沢山居るのですが、Y31セドリックは、それらにも通じる、現行モデル最後のアナログ車と云うか、良い意味で旧車に通じる独特な運転感覚と味わいを持った最後のクルマのような気がしていて、わたしも運転していて楽しいです。

    当サイトは、ものすごくゆっくりした更新ペースですが、使い捨てではなく、ひとつひとつの記事がデータとして残っていくように心がけて創っていますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

    qjy31kai

    | qjy31kai | 2012/10/15 15:57 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://qjy31kai.blog33.fc2.com/tb.php/9-5f2b7b99

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT